2016年05月28日

音真似が素晴らしすぎる鳥 lyrebird

人気ブログランキングへ

lyrebird.jpg


物真似が上手な鳥と言えば、人間の言葉を真似するインコや九官鳥などが広く知られていますが、遥かにスゴイ物真似をする鳥がいます。

オーストラリア固有種の「コトドリ」は、鳥類の中で最も優れた「音真似」の能力を持っていると考えられています。この鳥はカメラやチェーンソーの音まで真似してしまいます。David Attenborough氏によると、コトドリはその鳴管のために高い音真似能力を持っているそうです。鳴管とは、人間の声帯に当たる鳥類の発声器官です。人間は声を出す時、吐き出す息のうち僅か2%しか発声のために使いませんが、鳥類はほとんど全ての息を活用して鳴きます。コトドリは、特に鳴管が発達しているそうです。

コトドリの音真似は求愛行動において非常に重要です。オスはメスを呼ぶため、出来るだけ沢山の様々な鳴き声を出します。Attenborough氏が特に注目するのは、人間の声を含む、自然界には存在しない人間の世界の音をもコトドリが完璧に真似することです。



動画のシャッター音やチェーンソーの音、まるで本物の様ですね。一体どうやって、聞いただけの音を鳴き声でそっくりに真似出来るのでしょうか。声帯(鳴管)の違いと言われても不思議でなりません。

コトドリは英語でlyrebirdですが、lyreとは竪琴のことです。オスの長い尾羽が竪琴に似ているため、その名前が付いたそうです。尚、学名はMenura novaehollandiaeです。

mimic:真似する
syrinx:鳴管
vocal cord:声帯
exhale:(息などを)吐き出す
incorporate ~ into:〜を組み込む
mating:交配
ritual:儀式

ソース:https://www.yahoo.com/news/bird-mimic-chainsaw-164303846.html?nhp=1


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。