2016年06月11日

飼い犬に歯を抜いてもらった少女 loose tooth

人気ブログランキングへ

犬抜歯.jpg


米国カリフォルニア州で、10歳の少女が飼っているジャーマン・シェパードの助けを借りて歯を抜きました。


‎Carlos Vasquezさんは、娘のSidneyちゃんが飼い犬に歯を抜いてもらう動画をフェイスブックに投稿しました。Vasquezさんは「日曜だったから信頼している歯医者が休みだった。それでSidneyは自分の犬に手伝ってもらうことにしたんだ」と述べています。

動画の冒頭でSydneyちゃんは、この抜歯には、デンタルフロスと犬のハーネス、そして「信頼と愛情で結ばれている犬」が必要だと話しています。
動画では、グラグラしている歯と犬に取り付けたハーネスをフロスで結び付け、Sydneyちゃんがボールを投げると、ジャーマン・シェパードがボールをめがけて走り出します。次の瞬間、あっさりと歯が抜け、今回の試みは見事に成功しました。



飼い犬に歯を抜いてもらうとは、何ともユニークな発想です。多少、安全性が気になりますが、Sydneyちゃんの歯が無事に抜けて良かったですね。この件で、Sydneyちゃんの愛犬への信頼感や愛情が増々強くなったかもしれません。

英語で「グラグラする歯」はloose toothやwobbly toothと表現します。ちなみに、「乳歯」はbaby tooth、「永久歯」はadult toothまたはpermanent toothです。

enlist:〜に協力を求める
extraction:摘出
pesky:厄介な、煩わしい

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/06/08/German-Shepherd-helps-girl-remove-loose-tooth/3911465396397/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。