2016年06月27日

ゾンビ犬?! 墓地で奇妙な動物が目撃される macabre

人気ブログランキングへ

ゾンビ犬.jpg


米国ニューハンプシャー州の墓地で、不思議な動物が目撃され話題となっています。


目撃された動物は、ほとんど毛がなく、茶色で、長い尻尾と四角いアゴを持つ哺乳類です。目撃者の通報を受けた警察が撮影に成功し、フェイスブックに写真を投稿したところ、議論が巻き起こりました。狂犬病のコヨーテ、ゾンビ犬、チュパカブラ、フォトショップを使った合成写真など、動物の正体を巡ってさまざまな憶測が飛び交いました。

公式な見解としては、議論されているような不可思議な動物ではなく、病気で毛が抜けたキツネだとされています。


目撃された場所が場所だけに、よりミステリカルな印象を与えますね。墓参りに行って、もしこの動物に出くわしたら恐怖してしまうことと思います。

macabre「ゾッとする」「気味の悪い」はフランス語を語源とする単語です。死の恐怖に近い怖さを表します。サン・サーンス作曲の「死の舞踏」の原題はDanse Macabreです。

mangy:汚らしい
hoax:(人を)だます、かつぐ
put down:(動物を)安楽死させる

ソース:http://www.wcvb.com/news/zombie-dog-coyote-mystery-animal-seen-in-cemetery/40192458

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。