2016年07月24日

目撃されたピューマ、実は猫だった mountain lion

人気ブログランキングへ

ピューマ実は猫.jpg


米国カリフォルニア州で、住宅街にピューマが出没し、警察が住民に注意を呼びかけましたが、その正体は猫でした。
警察は住民への注意を促すメッセージと共に、撮影された動物の写真をウェブサイトに投稿しました。しかし、カリフォルニアの魚類野生生物局によると、分析の結果、写真の動物はピューマではなく猫であることが判明したのです。背景に写る標識の大きさと比較して、ピューマにしては小さく「100%の確信を持って猫である」とされました。

担当者は「ピューマではないが、警戒心を持って気を付けることは良いことだ」と話しています。


何故このような間違いが起こったのでしょうか。小型のピューマと間違うほどの大きな猫だったのでしょうか。しかしながら、本当にピューマがやって来る可能性のある住宅街、気を付けなければいけませんね。

ピューマはpumaとも表記されますが、ソース中ではmountain lionとなっています。他にもcougarやAmerican lionなど、この動物を指す表現はいろいろあります。

remain vigilant:警戒しておく、気を緩めずにいる
ominous:不吉な

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/07/19/Mountain-lion-spotted-in-California-was-actually-just-a-house-cat/8881468945767/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。