2016年07月30日

愛を告げる犬 talkative

人気ブログランキングへ

i love you dog.jpg


米国ウィスコンシン州に"I love you"というフレーズを喋る犬がいるそうです。


飼い主のインターネットへの投稿によると、この犬は2歳のアラスカン・マラミュートだそうです。動画では飼い主が"I love you"と言うと、そのフレーズを繰り返して真似ています。

飼い主は「アラスカン・マラミュートなのにミュート(無言)じゃない」「"I love you"を言えるようになるには少し練習が必要だったの」「まだ2歳だから、これからもっと言葉を覚えさせるつもり」等のコメントと共に動画を投稿しています。




確かに"I love you"と言っているように聞こえますが、そう思って聞くからでしょうか?
いずれにしても、犬に言葉を教えようとは、なかなかユニークですね。

接尾語の-ativeは、conservative「保守的な」(名詞:conservation「保護」)やcreative「創造的な」(動詞:create「創造する」)等のように名詞・動詞にくっ付いて、傾向や性質を表す形容詞を作ります。ソース中のtalkativeはtalk + -ativeで「話す傾向がある」つまり「口数の多い」「おしゃべりな」という意味です。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/07/25/Wisconsin-dog-repeats-after-owner-I-love-you/7871469475493/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。