2016年08月26日

無人の学校にワニが放たれる undernourished、 malnourished

人気ブログランキングへ

Police-probe-video-of-vandals-setting-crocodiles-loose-in-school-office.jpg


オーストラリア北部のノーザンテリトリーで、学校の事務所に3頭のワニが放たれました。



事件が起こったのはタミンミン大学の事務所で、日曜日の朝、割られた窓から3頭のイリエワニが投げ込まれました。ワニを投げ込んだ後、若者と見られる4人の顔を隠した男たちが建物内に侵入し、事務所内を漁る様子が防犯カメラに捉えられています。

関係者によると、3頭のワニは無事捕獲されました。長時間水から離れており、栄養不良でもあるため、獣医の手当てを受けるそうです。

現在、警察は4人の行方を追っています。容疑者には動物虐待により1人当たり4万ドル(約400万円)の罰金が科せられる見通しです。



生きているワニを使った犯行とは大胆です。ワニを3頭も捕まえるには大変な労力が必要ではないかと思いますが、どうやって手に入れたのでしょうか。盗みや事務所を荒らすことが目的にしても、大掛かりですね。

ソース中にundernourishedという単語が出てきます。nourishは「栄養を与える」という意味の動詞で、これがunderと組み合わさって形容詞化し「栄養不良の」という意味になります。
また、同義語にmalnourishedがあります。mal-は「悪い」という意味を持つ接頭辞であり、mal+nourishedで「栄養状態が悪い」というニュアンスになります。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/08/22/Police-probe-video-of-vandals-setting-crocodiles-loose-in-school-office/4281471888820/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。