2016年09月27日

NYの歴史的な豪邸、売られる Keep up with the Joneses

人気ブログランキングへ

keep up with Joneses1.jpg


ニューヨークの歴史的な豪邸が約1,200万円で売りに出されました。



24もの部屋を持つこの豪邸は、1853年、資産家のElizabeth Schermerhorn Jonesさんと叔母である小説家Edith Whartonさんによってラインベックに建てられました。

この豪邸が建てられたことにより、ハドソンバレー界隈により大きな邸宅を建てようとする動きが起こり、”Keeping up with the Joneses”というイディオムが生まれたと言われています。

古くなり荒廃が進んだ屋敷は1950年代に当時の持ち主に放棄されましたが、2003年に新たなオーナーに購入され、売りに出されていました。

keep up with Joneses2.jpg


Keep up with the Jonesesは、直訳すると「ジョーンズさん家に遅れを取らないように」ですが、転じて「隣人に負けないよう見栄を張る」という意味のイディオムです。
漫画家のアーサー・R・モーマンド氏の作品”Keeping Up with the Joneses”がこのイディオムの語源となっています。これはモーマンド氏がNYのロングアイランドに移り住んだ際、隣人に対して見栄を張る生活を送った経験を元にして描かれた新聞連載の漫画です。
タイトルについてモーマンド氏は「Jones同様よくある名前のSmithでも良かったが、Jonesesという語感が気に入ったためこのタイトルとした」としています。
ですが、実は今回の記事のJonesさんの豪邸がモデルだったのかもしれませんね。

ソース:https://www.yahoo.com/news/sold-york-mansion-keeping-joneses-fame-203836032.html

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。