2016年11月28日

甘党のクマが食べた物とは sweet tooth

人気ブログランキングへ

sweet toothed bear.jpg


米国フロリダ州で、民家のガレージに置いてあった冷蔵庫からアイスクリームやケーキを取り出して堪能するアメリカグマの姿を防犯カメラがとらえました。


この家に住む男性が、音が聞こえるのでガレージを見に行ったところ、冷蔵庫のドアが開いていました。男性は妻が冷蔵庫を開けっ放しにしたのかと思いましたが、直ぐにクマが飛び出して来たのです。

驚く男性が見守る中、クマは冷蔵庫内の肉や魚には見向きもせず、アイスクリームや男性の妻が焼いたズッキーニケーキを食べ始めました。

男性を最も感心させたのは、クマがアイスクリームの瓶を上手に開けていたことです。クマは瓶に噛みついたりせず、きちんと蓋を回し開けており「まるでどうやって開けるか知っていたようだ」と男性は話します。

クマはやって来た警察に追い払われましたが、クマが逃亡する際、金属で作られた裏庭のフェンスはまるで紙のように曲げられてしまったそうです。


肉や魚より甘いものを好み、瓶の蓋を上手に開けるとは、このクマは人間に飼われた経験があるのでしょうか?冬眠に向けて体に脂肪を蓄える分には甘いものは効率的なのでしょうか?もしそうであっても、虫歯が気になるところです。

sweet toothは直訳すると「甘い歯」ですが、「甘党」「甘いものを好む」という意味です。I have a sweet tooth. 「私は甘いものが好きです」というように、haveと共に使われることが多いフレーズです。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/11/23/Sweet-toothed-bear-raids-Florida-garage-freezer-for-ice-cream-cake/5221479925480/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。