2016年12月17日

家電量販店で店員からのサプライズ chip in

人気ブログランキングへ

Best Buy workers buy WiiU for boy.jpg


米国ニューヨーク州で、家電量販店BEST BUYの店員たちがお金を出し合い、少年にWii Uをプレゼントしました。

少年は毎日、バレー・ストリームにあるBEST BUYの店舗にやって来て、体験コーナーでWii Uをプレイしていました。この少年の笑顔を見たいと思った店員たちが今回の計画を思いつき、自分たちのお金を出し合って、少年にお気に入りのゲーム機を贈ることにしたのです。

Wii Uを渡される時、少年は最初、店員たちを信用できない様子で固まっていましたが、騙されているのではないと分かると笑顔になったそうです。

ゲーム機と共に、最新の『スマッシュブラザーズ』のゲームもプレゼントされた少年は、1人では持ち歩けないプレゼントの箱を抱えて、店員の車で家まで送られて帰宅しました。



子供と言ってもかなり大人っぽい少年ですね。ネット上では店員たちの善意を褒め讃える声がある一方で、少年の親の立場を考慮した意見や、少年の居場所が奪われてしまったのではないかなど、賛否両論、さまざまな議論が飛び交っている模様です。

ソース中にchip inという言葉が出て来ます。chipには「破片」や「切り屑」など、小さく細かいものを表す意味があり、chip inは「少しずつのお金を出し合う」というニュアンスです。” chip in with a dollar” 「1ドルずつ出し合う」のように使われます。また、お金以外でも、何かを持ち寄るという時に使用することが可能で、例えば “chip in with ideas” と言えば「アイディアを持ち寄る」という意味になります。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/12/12/Best-Buy-workers-buy-WiiU-for-boy-who-came-in-to-play-every-day/5421481572118/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。