2016年12月19日

ゴルフボールで訴訟 errant

人気ブログランキングへ

golfball hitting home.jpg


米国ペンシルベニア州のゴルフコースの隣に住む夫婦は、飛んでくるボールに悩まされ、訴訟を起こしました。


夫婦は10月以降に飛んできたという、約50個のゴルフボールを持って法廷に現れました。

この夫婦は以前にも訴訟を起こしており、その時はゴルフコース側にティーグラウンドを移動させるよう裁判所命令が下されました。それにも関わらず、相変わらずゴルフボールが飛んでくるため、今回の訴訟に踏み切ったのです。

夫婦側の弁護士が「ゴルフコース側はもっとボールが飛んでこないようにするべきだ」と主張しているのに対し、ゴルフコース側の弁護士は「ゴルフコースと夫婦の家の間には深い森があり、十分な距離を隔てている」「ゴルフコース側が買い取ることを期待して、夫婦がボールを拾い集めたのではないか」としています。


ゴルフコース側の弁護士のセリフから、険悪な様子が伝わって来ます。もし、ゴルフコースの隣と知らずに家を買ったり、ゴルフコースの方が後から出来たものであったりしたら、とてもお気の毒ですね。何とか平和的に解決することを願います。

errantは「逸脱した」「常軌を逸した」という意味です。今回のソースでもそのように使われていますが、この単語にはもう1つ「冒険遍歴の」という意味があります。この単語にknight「騎士」を付けたknight-errantと言う言葉は、「冒険を探して旅をするドン・キホーテのような騎士」を表します。「武者修行者」という訳が載っている辞書が多いようです。

ソース:http://www.kwtx.com/content/news/-Court-order-cant-stop-stray-golf-balls-from-hitting-home-406915855.html

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。