2016年12月22日

キリストがネグレクトされたと主張する窃盗犯 Nativity

人気ブログランキングへ

neglected jesus.jpg


米国ペンシルベニア州で、キリスト降誕の場面を再現した展示物から赤ちゃんのイエス・キリストの人形を盗んだとして、49歳の女が逮捕されました。


調べによると、容疑者は約31万円のイエスの磁器人形を盗み、病院へと持って行きました。容疑者は人形と共に「赤ちゃんが右足を怪我している」「両親のヨセフとマリアにネグレクトされている」というメモを残して行ったそうです。

監視カメラの映像から犯人が特定され、逮捕されました。容疑者は窃盗などの罪に問われています。


容疑者の動機がどこまで本気なのか分からず、恐ろしさを感じます。人形の足が壊れていて気になったのでしょうか。容疑者としては悪気なく本気でイエス・キリストを保護したつもりかもしれませんが、とにかく盗みはいけませんね。

Nativityは「キリストの降誕」です。この時期になると、よくその場面を再現した人形が飾られているのを見かけます。また、キリスト教系の学校などで行われる「キリスト降誕劇」はNativity Playです。

ソース:http://www.foxnews.com/us/2016/12/16/cops-woman-stole-baby-jesus-told-hospital-it-was-neglected.html?refresh=true

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。