2016年12月27日

フロリダのゴルフ場に巨大ワニ現る resurface

人気ブログランキングへ

huge alligator.jpg


フロリダのゴルフ場に巨大ワニが現れました。

約15フィート(約4.6メートル)の巨大ワニが初めて現れたのは今年の5月でした。その時にゴルフ映画のHappy Gilmoreの登場人物にちなんでChubbsと名付けられました。

5月に現れた際の映像がこちらです。


そのChubbsが12月になって再び現れました。

専門家によると、最近の寒くなってきたことが、ワニを目撃しやすくなった原因とのことです。寒い夜の翌日は、太陽の下に出て体をあたためなければなりません。さもないと、動けなくなり、消化機能も落ちてしまうそうです。

それにしても大きなワニですね。まるで恐竜のようです。愛称を付けてもらうほどですから大人しい性格で、人間に害をおよぼさないのでしょう。これからもChubbsが平和にくらしていけることを祈りたいと思います。

resurfaceは「再び現れる」という意味です。reには「再び」という意味があり、surfaceには「表面に出る。現れる」という意味があり、これらが組み合わされた単語です。resurfaceという単語を初めて見た場合でも、パーツに分ければ意味を推測できそうですね。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/12/22/Gargantuan-alligator-resurfaces-at-Florida-golf-course/9691482439126/?spt=mps&or=2&sn=on

写真ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/05/31/Huge-alligator-filmed-strolling-across-Florida-golf-course/5171464710594/?spt=sec&or=on

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。