2017年01月01日

ワラビーがジャズファンに turn into

人気ブログランキングへ

Jazz fun wallaby.jpg


オーストラリアのギタリストが、ワラビーをジャズファンにしてしまいました。


Joe Robinsonさんがニューサウスウェールズ州の草原で、"Uli's Jump"という曲をギターで練習していると、音楽に惹きつけられて1匹のワラビーが近づいて来ました。

RobinsonさんはこのワラビーをWendyと名付けました。そして、新しくできた小さな友人Wendyと"Uli's Jump"を練習する様子をフェイスブックに投稿しました。



カメラを時々気にしながらも、Robinsonさんの横にじっと座ってギターの音色に聞き入っているWendyの様子が可愛らしいですね。草原に座ってワラビーにアコースティックギターを聴かせるというのも素敵です。

turn into〜は「〜に変わる」という意味ですが、ソースタイトルの”turn(s) wallaby into a (furry) fan”のようにturn A into~の形になると「Aを〜に変化させる」という意味になります。このタイトルは「ギタリストがワラビーをジャズファンにした」というニュアンスです。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2016/12/28/Jazz-playing-guitarist-turns-wallaby-into-a-furry-fan/6491482957517/?spt=slh&or=5

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。