2017年02月19日

トヨタ車を偽フェラーリに改造 workshop

人気ブログランキングへ

Spanish gang converts Toyotas into Ferraris.jpg


スペインの国家警察の調べで、古いトヨタ車がフェラーリやランボルギーニの車に改造され、販売されていたことが分かりました。

警察は、シルスにある作業場を運営する3人を拘留しました。作業場では車の改造とインターネットでの販売が行われており、消費者には改造車であることは伏せられていました。

また、現場から、フェラーリF430に改造するためのステッカーやエンブレム、ボディ・キットなどの他、14台もの改造途中の車が見つかっています。

スペインの都市ベニドルムで、約485万円で売りに出されていた改造車から今回の事態が発覚し、警察が作業場を突き止めました。


トヨタ車を手に入れたり、作業場を確保したりと、初期費用がかなり掛かりそうですが、その資金はどこから調達されたのでしょうか。それにしても、インターネットで高級車を購入できる時代なのですね。ディーラーで買うのが当たり前の時代だったら、このような犯罪はなかなか難しいのではないかと思います。

ソース中に出て来るworkshopという単語の本来の意味は「作業場」「工場」を指します。今回もそのように使われていますが、小規模セミナーや体験型の学びの場を表す意味もあり、カタカナの「ワークショップ」は和製英語という訳ではありません。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/02/14/Spanish-gang-converts-old-Toyotas-into-fake-Ferraris/4701487093790/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=7

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。