2017年03月09日

カメ、小銭を食べ過ぎて手術 loose change

人気ブログランキングへ

Bank swallowed coins1.jpg


タイで、観光客が水に投げ入れたコインを915枚も食べてしまったウミガメが外科手術を受けました。


25歳の雌のアオウミガメ「バンク」は、何年間にも渡って観光客が投げ入れたコインを食べ続け、消化機能に問題を起こしてしまいました。タイでは多くの人が、カメの上にコインを投げると長生きすると信じています。アオウミガメは絶滅危惧種ですが、80年近くも生きることから、特に長生きの象徴のように考えられがちです。

バンクが飲み込んだコインは胃の中で5sもの重い塊となり、お腹の殻にヒビ割れを作り、バンクの生命を脅かすほどになったのです。

手術では、バンクに全身麻酔をして、5人の獣医師が4時間をかけて丁寧にコインを取り除いて行きました。ほとんどのコインが腐食していたり、部分的に溶解したりしていました。

手術は無事成功し、現在バンクは大学病院でケアされています。これから2週間ほど流動食が与えられるそうです。

バンクには5万円近くの寄付金が寄せられており、手術代として使われる予定だそうです。

Bank swallowed coins2.jpg


Bank swallowed coins3.jpg


Bank swallowed coins4.jpg


消化できない915枚ものコインを飲み込んでいたとは、さぞ辛かったのではないかと思います。長寿の象徴なのに、天寿を全うできなくなってしまうところでした。手術が無事に終わって良かったですが、カメの体力にどれ程のダメージを与えてしまうのでしょうか。1日も早く回復して元気になってほしいと思います。

changeには複数の意味がありますが、その中の1つ「お釣り」はよく知られていると思います。これにlooseが付いたloose changeは「小銭」という意味になります。looseの「緩い」イメージから、お釣りのバラ銭が動くたびにチャリチャリ音を立てるイメージを連想すると、意外と覚えやすいかもしれません。
尚、9/11を題材にした映画『LOOSE CHANGE』は「小銭」とは関係なく、「緩やかな変化」や「解きほぐして変化しよう」というようなニュアンスだそうです。

ソース:https://www.yahoo.com/news/surgeons-remove-915-coins-swallowed-thai-sea-turtle-120848354.html

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。