2017年03月12日

野生のワニ、民家のプールで寛ぐ prior to

人気ブログランキングへ

gator in a swiming pool.jpg


米国フロリダ州の民家のプールで野生のワニが発見されました。


ワニはプールの底で寛いでいましたが、動物管理局員によってプールから出されました。マーティン郡の保安官事務所は、プールに佇んでいるワニの姿を撮影し、フェイスブックに写真を投稿しました。

ワニは住宅街に迷い込んでしまい、水を求めてプールに入ったのではないかと見られています。

また、今回の件以前にも、近隣住民の自家用車の下に入り込んだワニを動物管理局員が捕まえたという事件があったそうです。


以前の記事で、民家のプール子供用プールに入ったクマの話題をお伝えしましたが、今回はワニです。水族館や動物園で見慣れているせいか、写真を見ても、ワニがプールに入っている姿にはあまり違和感を覚えません。ですが、自宅プールだったら話は別ですね。住民の方は大変驚かれたことだと思います。

ソース中に”prior to the incident”というフレーズが出て来ますが、これは「この件よりも前に」ということです。priorは時間や順番などが「前の」「先の」というニュアンスを表す言葉で、prior toで「〜より前に」「〜より先に」という意味になり、sinceやin advance of等の同義語となります。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/03/07/Alligator-found-swimming-in-Florida-familys-pool/7311488908305/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=2

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。