2017年03月13日

馬と牛の友情 steer、stallion

人気ブログランキングへ

friendship between a steer and a horse.jpg


米国カリフォルニア州の農場では、牛と馬の友情が育まれています。


ハーフムーンベイにあるSweet Farmに暮らす3歳の若い雄牛「ギズモ」の大親友は、33歳の雄馬「スタージス」で、2頭は切っても切れないほどの仲です。

Sweet Farmはギズモとスタージスの仲睦まじい様子を撮影し、「友情を育むのに形や大きさや色は関係ない」というコメントと共にフェイスブックに投稿しました。

ギズモは馬小屋に毎朝やって来て、スタージスが朝食を終えるのを待ちます。その後、2頭は一緒に牧草地へと向かうそうです。


以前から熊と猫シロクマと犬子チーターと子犬、また、コアラと犬など、様々な種を超えた友情を育む動物たちについての記事をお伝えして来ましたが、今回もその1つです。フェイスブックの動画を見ると、2頭はとても仲が良さそうで、Sweet Farmのコメント通り、種類は関係ないのだなと実感します。仲違いせず、このまま友情を育んでほしいものです。

ソース中で牛を指してsteerという単語が使われています。steerは主に食用とされる去勢された雄の牛のことです。牛革の種類に「ステア」というものがありますが、これはsteerのカタカナ表記です。また、ソース中の馬にはstallionという単語が使われていますが、こちらは「去勢されていない雄の馬」「種馬」という意味です。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/03/09/Young-rescued-steer-becomes-best-friends-with-elderly-horse/2341489091278/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=4

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家族と生きる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。