2017年03月17日

同じ店舗に3度盗みに入った甘党の泥棒 brandish

人気ブログランキングへ

sweet tooth robber.jpg


米国ニュージャージー州ニューアークで、4日間で3度も同じ店舗に盗みに入った男が罪に問われています。

被害に遭ったのはセブンイレブンで、男は盗みに入るたびに、毎回ナイフを振り回してキャンディを掴み取って行ったそうです。

最後の盗みを働いた14時間後、男は店に戻りました。商品を買い、店を出たところを店の責任者に捕まり、警察へと突き出されました。

男は7年の禁固刑に問われています。判決は来月言い渡されるそうです。


4日間で3回も同じ店にやって来て、3回ともキャンディを盗んで行くとは、よほど美味しいキャンディだったのでしょうか。それにしても、盗んだ後にまた同じ店に現れる犯人の行動は、何とも不可解です。何度も同じ目に遭ったお店は本当に災難でしたね。

brandishという単語は「〜を振り回す」という意味ですが、今回の記事のように武器などで威嚇したり、脅したりするような場面でよく使われます。wieldやflourishなどの同義語です。

ソース:http://www.recorder.com/Thief-with-a-sweet-tooth-admits-robbing-same-store-3-times-8664601

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。