2017年04月14日

酔っ払い運転で逮捕された男のTシャツ Hold my beer and watch this

人気ブログランキングへ

holdmybeer.jpg


米国コネティカット州で、酔っ払い運転で事故を起こした男が逮捕されました。



25歳の容疑者は、早朝に車を運転していたところ、誤って墓地に突っ込んでしまいました。警察によると、容疑者はアルコールか麻薬で酔っ払っていたそうです。

逮捕され、警察で顔写真を撮られる際、容疑者は「ビール持ってて。馬鹿なことするから」と書かれたTシャツを着用していました。警察はこの写真を公開しています。

容疑者が弁護士に依頼しているかどうかは明らかにされていません。


以前、銀行強盗が着用していたTシャツについての記事をお伝えしたことがありますが、今回は酔っ払い運転の容疑者です。この事故では墓地に突っ込んだということですが、犠牲者が出なくて本当に良かったと思います。アルコールにせよ、薬にせよ、酔っ払って運転するなど言語道断です。しっかりと罪を償って2度と繰り返さないでほしいと思います。

容疑者のTシャツに書かれていた“Hold my beer and watch this”は、直訳すると「(私の)ビールを持って見ていて」ですが、「これから何か(馬鹿なこと)をするよ」というような意味で使われます。ビールを飲んで酔っ払って、馬鹿げたことをしたくなった時に、飲みかけのグラスやジョッキを「ちょっと持ってて」と誰かに預けて、「(馬鹿なことをするから)見ていて」という感じです。単に”Hold my beer”だけでも同様のニュアンスが表されます。

ソース:http://nbc4i.com/2017/04/10/police-man-in-hold-my-beer-t-shirt-drove-under-influence/

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック