2017年04月16日

8歳児が車を運転してマクドナルドへ mishap

人気ブログランキングへ

McDonalds-Fresh-Idea_NH-1.jpg


米国オハイオ州で、どうしてもマクドナルドのチーズバーガーを食べたくなってしまった8歳の少年が、自分で車を運転してマクドナルドへ行こうと試みました。



事件が起こったのは日曜日です。少年の父親は寝室で、母親は子供たちと一緒にソファでうたた寝をしていました。チーズバーガーが食べたくてたまらなくなった少年は、4歳の妹を父親の車に乗せ、自らハンドルを握ったのです。

車を運転していた少年は目撃者により通報され、事故を引き起こすこともなく、無事に保護されました。

目撃者によると、少年の車はきちんと交通ルールを守っていたそうです。

少年はYouTubeで車の運転を学んだと話しています。


8歳の子供が公道を運転して、よく無事でしたね。4歳の妹が同乗していたことも併せて、一歩間違えば取り返しのつかない事態に陥ってしまいかねなかったと思います。それにしても、子供がYou Tubeで車の運転を学んで実践してしまうとは、恐ろしい時代になりました。とりあえず、車の鍵を子供が勝手に持ち出せないようにしっかり管理しましょう。

「不運」や「災難」を意味するmishapという単語は、「運命」や「(偶然起こる)出来事」を意味するhapに「悪い〜」という意味を持つ接頭辞mis-がついたものです。hapはhappenやhappyなどと共に、古いノルウェーの言葉を語源としているそうです。

ソース:http://naplesherald.com/2017/04/12/boy-8-craves-burger-drives-dads-van-mcdonalds/

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448990422

この記事へのトラックバック