2017年05月07日

男の子の良い行い、再び turn in

人気ブログランキングへ

good boy.jpg


マサチューセッツ州の6歳の男の子の良い行いが話題を呼んでいます。

Jasper Dopman君は、お父さんと道を歩いていた時、布製のバッグが落ちているのを見つけました。そのバッグには2,000ドル(約20万円)の現金が入っていたのです。

拾った親子は警察に連絡し、バッグを届けました。操作の結果、バッグとお金はTenoch Mexican Food Corpというメキシコ料理レストランの物で、レストランの従業員がバッグを落としてしまっていた事が判明しました。

お金は無事レストランに戻りました。

拾って届け出たJasper Dopman君とお父さんは、警察から素晴らしい市民と表彰され、レストランからはギフトを受け取りました。

以前の記事で、拾った25セント硬貨を「良い行いをしよう」と話しながら返しに行った兄弟を紹介しましたが、今回は親子での善行です。このような子供が沢山いることは嬉しいですね。みんな立派な大人になってくれることだろうと思います。

ソース記事中の”turn in〜”は「警察に〜を届ける」という意味で使われています。このほかに「レポートを提出する」という意味もあり、留学時によく使う単語になります。逆に教師が生徒へプリントなどを「配布する」と言う時は、”hand out”という単語が使われます。セットで覚えたいですね。

ソース:https://www.yahoo.com/news/boy-turns-2-000-found-gets-outstanding-citizen-183139969.html

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック