2017年05月08日

マクドナルドの等身大人形が盗まれる in production

人気ブログランキングへ

mcdonald.jpg


米国ニュージャージーのマクドナルドから、ドナルド・マクドナルドの等身大人形が盗まれました。


このマクドナルド人形の発見に協力してくれた人には500ドルの報酬が提供されることになりました。このマクドナルド店舗のオーナーは「ドナルド・マクドナルドを盗んだ人は、店から物を盗んだだけでなく、沢山の親から子供のともに成長する思い出を奪ったのです」と語っています。

このマクドナルド人形は、現在製造されていないため、盗んだ人は転売するのではないかと懸念されています。


盗まれたドナルド・マクドナルド人形は約110キロの重さがあったそうです。そんなに重い人形を盗んだ人はいったいどうするつもりなのでしょうか。どこかで売りに出されてしまう可能性があるそうですが、どんなにマクドナルドを好きな人でも買うべきではありませんね。お店に早く戻ってくることを祈りたいと思います。

ソース記事中の”in production”は「生産されている」という意味です。記事中では”The statue is no longer in production“(この像はもう製造されていない)というように使われています。inとproductionという簡単な単語だけの言葉ですが、意外とこういう表現がなかなか出てこないものです。しっかりと覚えておきたいですね。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/05/03/500-reward-offered-for-stolen-Ronald-McDonald-statue/1961493832203/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=6

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック