2017年05月14日

「居住者についての質問禁止」住人付き売家 tenant

人気ブログランキングへ

House-for-sale-listing-Dont-even-ask-about-mystery-tenant.jpg


南カリフォルニアで売りに出された家が、その不思議な条件のため話題となっています。

この家には、現在2階部分を間借りして住んでいる人がいます。物件の購入条件として「購入者は2階住人に対して、1カ月ごとの契約更新で賃貸しを続けること」「敷金は無く、賃貸料は支払われないが、これは賃貸契約である」とした上で「契約として成り立っていないことは承知している。この件に関しては如何なる質問も受け付けない」とされています。

家が13万ドルで売りに出されると、2階住人に対する憶測が憶測を呼び「悪夢の家」として話題になりました。

この家は1997年にも売りに出されたことがあります。

以前の情報によると、2階部分にはプロの芸術家が住んでいるということです。


何とも面白いと言うか不思議な条件ですね。質問禁止という制約によって、より想像力が刺激され、話題となっているのだと思います。家を1軒買うのは大変なことですが、お金に余裕のある面白いもの好きの人が購入するかもしれません。

ソース中でtenantという単語が使われています。日本語で「テナント」と言えばビルなどを間借りして営業する店舗などを指しますが、店舗やオフィス等のいわゆる「店子」だけでなく、賃貸マンションなどに住む「賃借人」や「住人」もtenantです。つまり、tenantは賃貸契約を結んで不動産を借りる側を表すということです。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/05/10/House-for-sale-listing-Dont-even-ask-about-mystery-tenant/2371494427085/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=17

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449799337

この記事へのトラックバック