2017年05月17日

普通のパイナップルが現代アートに? inevitable

人気ブログランキングへ

art pine 1.jpg


ちょっとしたいたずら心で、スコットランドの学生が、普通のパイナップルを展示会に置いて立ち去りました。

4日後に学生が戻ってみたところ、そのパイナップルはガラスケースに保管され、芸術作品として展示されていたのです。

art pine 2.jpg


この展示会の関係者によると、ガラスケースがどこから来たのか不明だそうです。しかし、事の顛末を確認したのち、このパイナップルをそのまま展示しておくことに決めました。

パイナップルを置いた学生は「このパイナップルはだんだん傷んできます。このアートは、全ての生命が避けられない運命を表現しているのです」と語っています。

似たような出来事は以前にも起きたことがあります。10代の若者が、サンフランシスコ近代美術館の床にメガネを置いたところ、写真を撮る人などが現れたそうです。

art grasses 1.jpg


現代アートの中には、一般人には理解が難しいものもたくさんあります。この展示会や美術館に足を運んだ方々は、パイナップルやメガネから芸術性を見出そうと悪戦苦闘したことでしょう。

inevitableは「避けられない」と言う意味です。頭のinをはずしてevitableとすると「避けられる」という意味になりますが、こちらはあまり使われないようです。また、これらの単語の元となったのはevitte(避ける)という動詞ですが、この単語は古語で現在では使われません。「避ける」という意味の動詞ではavoidがよく使われます。

ソース:http://www.bbc.co.uk/bbcthree/item/f46a1a5a-2aa2-44ae-a80c-f8eaca5b1035

人気ブログランキングへ
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449867476

この記事へのトラックバック