2017年05月25日

双子が銀行の声紋認証を突破 fool

人気ブログランキングへ

voice ID.jpg


BBCのレポーター、Dan Simmons氏がHSBC銀行に口座を開き、声紋認証サービスに登録しました。HSBCによると「人間の声は一人ひとり異なり、声紋認証システムは安全」とのことでした。

しかし、Dan氏の双子の兄弟、Joe氏が電話でDan氏の声を真似したところ、口座にアクセスできてしまいました。

このシステムは2016年に導入されました。人間の声を100の要素に分解し一人ひとりの声を正確に認識できるはずでした。しかし、今回の事態を受け、HSBC銀行は声紋認証システムをより精密にするためのレビューを行うと述べています。


銀行が安全性を確信していた認証システムをだますとは、よほど声がそっくりな二人なのでしょうね。声の質だけでなく、話すスピードや抑揚も一致させなければならないので、兄弟のものまねが相当上手だったのかもしれません。HSBC銀行は「声紋認証システムは暗証番号やパスワードよりもはるかに安全で、犯罪行為は激減した」と述べています。

ソース記事中では、「だます」をfoolという単語を使って表現しています。foolは「ばか」という意味のほうが馴染み深いかもしれません。エイプリル・フールが「4月馬鹿」と訳されることもありますが、このfoolは「馬鹿」よりも「だます」のニュアンスの方が強いかもしれません。

ソース:http://www.bbc.com/news/technology-39965545

人気ブログランキングへ


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。