2017年06月19日

レストランに行きたくて911、逮捕 stroke

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング

hooters-restaurant.jpg


米国フロリダ州で「脳卒中を起こした祖母の側に行きたい」と911通報した男が逮捕されました。

容疑者は28歳の男です。フロリダの大西洋岸にある Hootersの駐車場で祖母が脳卒中を起こしたため、現場まで車に乗せて行ってほしいと緊急通報ダイヤルに電話しました。

通報を受けた保安官数名は、3時間かけて男の祖母を探し出しました。祖母が見つかったのはHootersの駐車場とは別の場所で、脳卒中を起こしてはおらず、誰かに助けを求めることも一切なかったそうです。

男は緊急通報ダイヤルを悪用した容疑で逮捕されました。


日本でも「救急車をタクシー代わりにする人がいて困っている」という話を聞きますが、虚偽の緊急通報をしてまで行きたかったHootersに、容疑者は何か特別な思い入れでもあるのでしょうか。仮にそうであったとしても、罪に問われないことはもちろん、人に迷惑をかけない方法で行ってほしいと思います。

カタカナで「ストローク」というと、辞書的には「水泳で水をひと掻きすること」という意味が最初に来るようです。strokeには様々な意味があり、今回のソース中で使われている場合と同じく「脳卒中」を表す場合もあります。特にsuffer a strokeで「脳卒中を起こす」という意味になります。

ソース:http://abcnews.go.com/Weird/wireStory/911-call-ride-hooters-ended-trip-florida-jail-47911413

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング
posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック