2017年06月29日

ライオンに闘いを挑む猫 on speaking terms with

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング

cat with lion.jpg


テキサス州で、猫がライオンに闘いを挑みました。

ユーチューブに投稿された動画では、猫が果敢にライオンを威嚇している様子が撮影されています。

猫の飼い主は「Baggy(猫の名前)、君は勝てないよ」と話しかけています。

猫は、尻尾を太くしながら何度も檻の中のライオンに闘いを挑みますが、なかなか上手く行きません。

「Baggy、やめとけ。いいことないぞ」と飼い主は猫をさとします。

猫は満足したのか飽きたのか、最後はライオンから離れて行きました。

「Baggyはタフなやつなんだけど、ここまでクレイジーとは思わなかった。何事もなくてよかった。BaggyとNoey(ライオンの名前)は仲良しにもどったよ」と飼い主は述べています。



自分の数倍大きなライオンに闘いを挑むとは、とても勇敢な猫ですね。勇敢というよりも命知らずかもしれません。飼い主のコメントから察するに、この猫とライオンは普段は仲の良い間柄なのでしょう。これからも仲良く暮らして欲しいですね。

on speaking terms withは「言葉を交わす程度の間柄」という意味で、つまり「仲良し」ということです。I am on speaking terms with him(私は彼と親しい)というふうに使います。

ソース:http://www.upi.com/Odd_News/2017/06/15/Cat-repeatedly-tries-to-intimidate-lion-at-Texas-sanctuary/2391497554290/?utm_source=upi&utm_campaign=mp&utm_medium=1

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。