2017年09月25日

失業カップルが結婚披露宴に企業スポンサーを募集 maid of honor

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング

花婿と花嫁.jpg


カナダ人のカップルが、結婚披露宴の資金を援助してくれるスポンサー企業を探しています。

Jason MielkeさんとフィアンセのRebecca Hansenさんは、1月にJasonさんが失業した後、企業スポンサーを募って11月に結婚披露宴を開くことを決意しました。

JasonさんはRebeccaさんに「失業しても、君が夢見た通りの結婚披露宴を開いてあげたいんだ」と語ったそうです。

二人はウェブサイトを公開し、すでにいくつかのスポンサーを獲得しました。新郎が着るタキシードにも企業スポンサーのロゴを募集していますが、新婦のドレスには今のところ広告を募集する予定はないそうです。

企業からの支援で、Jasonさんは、花嫁とメインの花嫁付添人に式の前のスパ・サービスや、教会までのレッド・カーペット、グルテン・フリーのウェディングケーキを用意したいと望んでいます。

maid of honor.jpg


職を失っても花嫁のために精いっぱいの努力をするJasonさんは素晴らしいですね。無事にスポンサーが集まって素晴らしい結婚式をあげられることを祈りたいと思います。

maid of honorは「メインの花嫁付添人」という意味です。アメリカなどの結婚式では、ウェディングドレスを着て動きづらい花嫁の手助けをおこなう女性がいて、Bridemaid(ブライドメイド)と呼ばれます。花嫁の友達や姉妹が担うことが多いようです。Bridemaidのリーダー役がmaid of honorで、通常は花嫁の最も仲の良い友人が努めます。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2017/09/19/Canadian-couple-seeks-corporate-sponsors-for-dream-wedding/3921505839563/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=8

↓ツイッターでブログ記事を配信しています。
https://twitter.com/tabbycat111


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。