2018年01月27日

英語力よりもはるかに大事なスキル(山本五十六に学ぶ)

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

私は英語力を身に付けることで人生が変わりました。

就職して配属された地方支店では英語は全く必要ありませんでしたが、なぜか「英語を勉強する!」と強く決意したことが私の人生を変えました(過去記事参照)。

しかし英語力よりも、もっと大事な物があります。これがないと、いくらどんなスキルを身に付けても会社や社会で上手く行くことはありません。
その大事なものとは、「人が自分の思い通りにならなくても苛立ちを表に出さない」技術です。

これは人間関係一般でも大事なことですが、会社では特に重要です。

会社は、複数の人間が協力して「収益の拡大」という一つの目的を追求する組織です。上司や部下や同僚から何かを依頼されたり、依頼したりして仕事は進んで行きます。

この時、周囲の人々が自分が考えたように動かないということが多々あります。依頼したことをやってくれない、という意図的な悪意を持つ人にぶつかるケースもあります。また、悪意があるわけではないけど能力や理解が足りないかして、あなたの期待に沿う動きができないというケースもあります。

人が期待通りに動かないと「そうじゃないだろ。なにやってんだあの人は、、、」とイライラしてしまいます。自分の最初の心の動きを支配することは不可能ですから、一瞬イライラしてしまうのは仕方ありません。しかし、その苛立ち持続させたり、表に出したりしてはいけまん。

人が期待通り動かなかった時には、こう考えてみてはいかがでしょうか。

「自分自身だって自分の思い通りには動かない。自分だって、自分で今日やろう、今年やろうと決意したことを全部実行できたことはない。自分すら自分の思い通りにならないのだから、他人が自分の思い通りにならないのは当たり前だ」

偉人の名言を思い出すのも有効です。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かず。

これは山本五十六の言葉ですが、起源は上杉鷹山にあるようです。

山本五十六の言葉には続きがあります。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。


山本五十六が指揮した海軍ですら、部下に動いてもらうのは大変だったようです。ましてや会社や一般社会ではなおさらでしょう。

人が思い通り動かなくても苛立ちを表に出さず、人を動かすために根気よく取り組んで、組織の目的を達成できるという人は、とても貴重です。単に英語が出来る人よりもはるかに貴重な人材です。


TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。