2018年02月05日

動機は不純でも全然かまわない。むしろ不純な方がパワフル。

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

「英語を勉強しよう」と決意するきっかけは人によって様々です。

中には、「英語を勉強して世の中に貢献できる人間になりたい」という立派な人がいます。

一方で、次のような不純な動機を持つ人もいます。
例えば、「英語が出来るようになって他人に自慢したい」、「モテたい」などなど、

私の場合も最初のきっかけは超不純でした。

大学を卒業して就職した数年後、同期が海外オフィスへ異動したのです(過去記事参照)。

自分自身は英語の勉強を全くせずTOEICスコアは400点台だったにもかかわらず、同期の友人が多忙な中コツコツと英語の勉強を続けて海外オフィス勤務をゲットしたことに対して、私は猛烈に嫉妬しました。

この嫉妬心が原動力となって私は英語学習を開始しました。

嫉妬心は、人間が抱く感情の中で最低レベルに下劣な感情です。自分は何も努力していないのに、努力が実って成功した人を憎んでしまうという、最低最悪な感情です。

私は、この最低最悪な感情である嫉妬心を起爆剤として、英語学習を開始しました。

私の経験に基づいて言わせてもらうと、英語学習をするときの動機は不純なもので全然かまいません。むしろ、不純な動機の方が、英語学習を続けるパワーは大きいかもしれません。

「世界平和に貢献したい」という動機で英語学習をするのは大変立派ですが、これだけでは地味な英語学習を続ける原動力にはなりにくいかもしれません。

「TOEICで700点を取って、いつも俺を見下しているアイツを、俺が見下してやる!」という動機の方が、毎日朝から夜まで英語学習漬けになれるかもしれません。

動機は何でもいいのです。人に言えないような下品・下劣・低俗・自己中心的な動機で全然問題ないです。

自分の下劣な欲望を正直に受け止め、その下劣な欲望を満たすために英語を勉強しましょう。

下劣な欲望であればあるほど、地味で辛い英語学習を続けるパワーは強烈です。

そして英語力が身に着いた頃には、以前に持っていた下劣な心は浄化されていることでしょう。

なぜなら、あなたが嫉妬していた人よりも、はるかに高レベルの英語力をあなたは手に入れているからです。

憎らしかったあの人に対し、「あの人がいたから英語学習を続けることができた」と、感謝の気持ちさえ浮かぶはずです。

ここまで来れば、あなたは英語力と同時に、人間力も高めることができています。あなたは人生の極意を体得したと言えます。

人生とは一日一日の行動の積み重ねという極意です。

下劣な動機で構いません。下品な心で英語学習を始めましょう。いつか必ず、英語力と気品のある精神を獲得できます。


TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。