2018年03月31日

胎児の性別披露でアリゲーターが活躍 chomp

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

alligator.jpg


米国ルイジアナ州のカップルには、間もなく赤ちゃんが生まれます。

カップルは、お腹の赤ちゃんの性別を皆に知らせるパーティーで、60歳のアリゲーター「サリー」に協力してもらいました。

「祖母予備軍」であるカップルの男性の母親が、その動画をフェイスブックに投稿しました。

投稿された動画には、中身がくり抜かれたスイカを、男性がサリーの口の中に置く様子が撮影されています。

サリーがスイカを噛み砕いて粉砕すると、中から「男の子」を意味する青色が飛び出しました。お腹の赤ちゃんの性別を知ったパーティーの参加者は沸き立ちます。

このカップルの男性は、アリゲーター飼育農場と旅行会社を経営しており、サリーは「家族の一員だ」と話しているということです。



動画では、男性が素手でアリゲーターの口を持ったり、開けさせたりしています。非常に手慣れた様子ではありますが、つい大丈夫なのかと心配してしまいました。しかしながら、アリゲーター飼育農場を経営されているとのことで納得です。素人は決して真似してはいけませんね。
尚、カップルが行った「お腹の赤ちゃんの性別お披露目パーティー」については、以前ご紹介したこちらの記事に記載しています。

サリーがスイカを食べた時の様子を表現するのにchompという単語が使われています。chompはchamp「むしゃむしゃ食べる」のくだけた書き言葉として使用される表現です。尚、champにはもちろん、championの省略形という意味もあります。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/03/27/Louisiana-couple-use-alligators-jaws-for-baby-gender-reveal/9811522177411/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=1

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。