2018年06月22日

13sのネコが保護される mat

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

cat image.jpg


米国カリフォルニア州の動物愛護団体は、「チャブス」という体重13sのネコを保護しました。

チャブスはヒマラヤンの血が入った10歳の雑種です。ある日の午後、人通りが多い道を歩いていたところを保護されました。

動物愛護団体によると、保護された当時のチャブスにはブラッシングなどの、毛を綺麗にするための手入れが必要でした。特に背中の毛がもつれて大変なことになっていたそうです。

チャブスは太り過ぎてネコ用の個室に入ることが出来ないため、現在は同団体の事務所で暮らしています。

マイクロチップも迷子札もつけていなかったので、チャブスの身元が分からず、職員たちが飼い主を探しています。

ツイッターによると、飼い主が見つからなかった場合は、新たな引き取り手を探すそうです。




大きなネコですね。野良猫でここまで太ることは珍しいでしょうから、恐らく飼われていたものだと思われますが、飼い主はチャブスがこの団体に保護されていることを知っているのでしょうか?もし名乗り出ても、マイクロチップやIDタグが無いため、本当の飼い主かどうか確かめることは難しいですね。どういう形に落ち着くとしても、今後チャブスが幸せに暮らせることを祈ります。

matはカタカナ化しており、「玄関マット」などのいわゆる敷物を表す「マット」を意味しますが、髪の毛や糸などの「もつれ」や「塊」という意味もあります。a mat of hair「髪のもつれ」のようにa mat of ~の形で「〜の塊(もつれ)」を表すことが出来ます。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/06/15/Chubbs-a-29-pound-cat-arrives-at-California-Humane-Society/1811529084423/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=9

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。