2018年06月24日

名誉村長犬、引退へ ceremonial mayor

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

time to say goodbye.jpg


以前の記事でご紹介した村長犬が引退することになりました。

米国ミネソタ州コーモラントには、グレートピレニーズ犬のデュークが住んでいます。4年前の記入式投票で「村長」に選ばれて以来、幾度かの再選を果たし、3期以上に渡って「職務」を遂行してきました。

このたび、デュークの飼い主は、デュークが名誉村長を引退すると述べました。デュークは現在13歳です。

任期中のデュークは、パレードに出席したり、広告塔や大使となってコーモラントをアピールしたりという任務を行ってきました。

地元小学校の先生が、デュークに関する子供向けの本を出版したこともあります。

デュークの引退を記念する「お別れパレード」が8月に行われる予定です。



少し寂しいニュースですが、引退後のデュークには村長時代の疲れを癒して、ゆっくりと過ごしてほしいと思います。デューク引退後に新たな名誉村長が選ばれるのかどうか、気になるところです。

ソース中にceremonial mayorとあります。ceremonialはceremony「儀式」に形容詞や名詞を作る接尾辞-alがついたもので、「儀式の」という意味になります。よって、ceremonial mayorは「儀礼上の市長(村長)」ということです。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/06/20/Dog-announces-retirement-as-mayor-of-Minnesota-town/4081529504906/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=10

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。