2018年07月22日

ワニを巡って警察が助けを求めた先とは concede

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

alligator.jpg


米国ミシガン州で、民家の池にワニが泳いでいました。

アレン・パーク警察署は、ペットショップの店員が素手でそのワニを捕まえている様子をフェイスブックに投稿しました。

ワニが池で泳いでいると通報を受けた警察は「外来種の爬虫類に対する経験の欠如のため」ペットショップに連絡し、協力を仰いだそうです。

警察はフェイスブックに「残念ながらアレン・パーク署には対ワニスキルが無い」とコメントしています。

今回のワニは1メートル弱の大きさでしたが、捕獲したペットショップ店員によると「例え小さくてもワニは危険な生き物である」ということです。

棲息している筈のない地域に突然現れたワニですが、恐らくペットとして飼育されていたものが逃げ出したか、あるいは捨てられたのではないかと見られています。

ワニはアリゲーター保護区に送られる予定です。



画像を見ると、予想と異なり小さな池でした。庭の池をワニが泳いでいたら、それは驚きますね。通報を受けた警察も、「警察だから」と言って全てのことに対応可能な訳ではありませんので、専門知識を持った人に協力をお願いするのは妥当な判断だと思います。怪我人も出ず、ワニも保護区に送られるようで良かったです。

ソース中に出て来るconcedeは「認める」という意味です。この単語は、事実でなければ良いのにと思いながらも何かを認めなければならない場合や、残念だけど何かを認めざるを得ない場合などに使用されることが多く、「しぶしぶ認める」というニュアンスがあります。余談ですが、ゴルフで相手のプレーを待たずして負けを認める「コンシード」もこの単語から来ています。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/07/17/Mystery-alligator-removed-from-backyard-pond-in-Michigan/7461531833597/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=10

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。