2018年07月23日

ゴーストタウンに買い手が付く tourist destination

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

bodie-gohst town.jpg


以前の記事でご紹介したゴーストタウンに買い手が付きました。

かつて鉱山の町として栄えたカリフォルニア州のセロ・ゴードは、1億円で売りに出されていましたが、このたび、140万ドル(約1億5千8百万円)で売却されることになりました。

新オーナーは町を観光地にする予定だとしています。

「私たちは歴史的な自然を残したままで、訪れる人々がよりこの地を楽しめるような設備を提供したいのです」

ゴーストタウンの売却に当たっては、他にもオファーがあり、中には2億円を超えるものもあったそうです。しかし、町の前オーナーは、新オーナーのアイディアを気に入り、今回の決定となりました。

「何件かのオファーの中でも、新オーナーの事業計画は町の保護と公共の利益の面で非常に優れていた」ということです。



本当に町が丸ごと売れてしまいました。歴史や自然を残しつつ、観光スポットになるような場所へと変貌を遂げさせるためには、一体どのようなことが行われていくのでしょうか。遠く離れた日本からでも「是非行きたい!」と思えるような名所になってくれるでしょうか。今後が楽しみです。

ソース中に「新オーナーはゴーストタウンをtourist destinationにしたいと語っている」とあります。tourist「観光客」+ destination「目的地」で、tourist destinationは「観光客の目的地」となります。要は「旅行先」「観光地」ということですね。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/07/18/California-ghost-town-sells-for-14-million/5251531925434/?utm_source=sec&utm_campaign=sl&utm_medium=8

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。