2018年07月25日

スピード違反の苦しすぎる言い訳 Fahrenheit Celsius

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

speed.jpg


米カリフォルニア州にて、スピード違反で捕まったドライバーが苦しい言い訳をしました。

このドライバーは制限時速65マイル(時速約100キロ)の道路を、時速99マイル(時速約160キロ)で走行していました。

停止させられたドライバーが「そんなに速く走っていない」と抗弁したため、警察は時速99マイルを表示するスピードガンを見せました。

ドライバーは「その数字は今の気温を表示しているんじゃないか」と言い訳しました。

しばしの沈黙の後、ドライバーはスピード違反を認める署名をしたそうです。言い訳を面白いと感じた警察は事の顛末をツイッターに投稿しました。




これは苦しい言い訳ですね。時速160キロは明らかに飛ばし過ぎです。ツイッターに投稿する警察もユーモアがあります。自分のためにも安全運転を心がけたいですね。

日本では気温を摂氏で表示しますが、アメリカでは気温を華氏で表示します。華氏99度は日本の基準である摂氏では約37度です。華氏は英語でFahrenheit、摂氏はCelsiusと書きます。気温37度は英語で、“37℃“、華氏では”99°F”と表記します。

ソース:https://twitter.com/EllenFlem/status/1019646896439222272/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed&ref_url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fellenflem%2Fstatus%2F1019646896439222272

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。