2018年08月19日

ひろゆき「働き方 完全無双」



働き方 完全無双

ひろゆき氏といえば「2ちゃんねる」を立ち上げ、訴訟を起こされても弁護士を雇わずに自分で対応して解決するなど、斬新な発想と頭の良さで有名になった人物です。アマゾンでは以下の様に略歴が紹介されています。


「本名・西村博之。1976年、神奈川県生まれ。東京都に移り、中央大学へと進学。在学中に、アメリカのアーカンソー州に留学。1999年にインターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる」を開設し、管理人になる。東京プラス株式会社代表取締役、有限会社未来検索ブラジル取締役など、多くの企業に携わり、企画立案やサービス運営、プログラマーとしても活躍する。2005年に株式会社ニワンゴ取締役管理人に就任。2006年、「ニコニコ動画」を開始し、大反響を呼ぶ。2009年「2ちゃんねる」の譲渡を発表。2015年に英語圏最大の匿名掲示板「4chan」の管理人に」


このひろゆき氏が「働き方」をテーマにした本を出しました。

この本の重要なポイントは、以下だと思います。

個人として、ワンチャンを狙いながら幸せを目指そう

働くときに考えるべきなのは、個人の「攻め方」と「守り方」の2つ
「攻め方」=能力を上げることではなく、「相対的に自分を有利にする方法」
「何が当たるかわからない」「人に覚えてもらえばチャンスが増える」

「守り方」=企業の論理に絡めとられることなく、「最悪、クビになっても大丈夫な状態」にしておくこと。


この手の本では、成功した著者が「自分のやってきたことが正しい」とばかりに「「仕事できる自慢」に終始することが多いのですが、本書は社会的弱者がどのように働き方を変えれば幸せになれるか、幸せになれる可能性を最大化できるか、について真剣に考えている所が素晴らしい点です。

会社に入ったら与えられた仕事を一所懸命に取り組み、資格取得に精を出し、会社に言われるままに転勤し、というのが典型的なサラリーマンの姿です。私も含め、このようなサラリーマンは勤勉ではありますが、自分の頭で考えていない所が問題です。

本書を読むと、何も考えずに会社の言う通りに仕事をするだけのサラリーマンの危うさに気付かされます。これからはサラリーマンも戦略的に自分の人生を考え、実践しなければなりません。

参考文献:働き方 完全無双


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | ライフスタイルを確立する | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。