2018年09月08日

遺体ごと霊柩車を盗む make off with

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング

hearse.jpg


中央メキシコの警察は、遺体を乗せた霊柩車を盗んだ男を逮捕しました。

トラケパケ警察署によると、霊柩車は亡くなった80歳の男性を病院から葬儀場に運ぶために用意されていたものだったそうです。

容疑者の40歳の男は、霊柩車の車内に鍵が置いてあるのを見て、盗むことにしました。

捜査に当たった警察官たちは、すぐに高速道路上で霊柩車を発見し、容疑者を逮捕しました。

容疑者の身柄は既に検察官に引き渡されており、遺体と霊柩車に損傷は無かったそうです。


遺体を乗せたままということにも驚きますが、霊柩車を盗んで何がしたかったのでしょうか。遺体に損傷がなかったのはよかったですが、遺族の方は家族を亡くした悲しみに加え、遺体の心配もしなければならず、その心労は計り知れません。衝動的な犯行だと思われますが、もう少し盗むものを考えてほしいと思いますし、そもそも盗みを働いてはいけませんね。

ソース中に“made off with a hearse”とあります。make offは「急いで逃げる」という意味ですが、with (something)を伴うと「盗んで持ち去る」という意味になります。尚、hearseは「霊柩車」を表す単語で、“made off with a hearse”は「霊柩車を盗んで逃げた」ということです。

ソース:https://www.yahoo.com/news/thief-mexico-tries-steal-hearse-body-inside-002823671.html

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。