2018年10月26日

2杯の水に100万円のチップ broke

money-2159310_960_720.jpg


米国ノースカロライナ州のレストランで、水2杯を注文した客が10,000ドル(約110万円)のチップを残して去って行きました。


テーブルには現金10,000ドルと共に「美味しい水をありがとう」というメモが残されていました。

そのテーブルを担当していた従業員は、チップを見て驚きました。

「とても現実とは思えませんでした」「100ドル札の束を手に取り、震えながらオーナーに『これは何でしょう?』と尋ねました。誰かにからかわれているのだと思いました」

程なくして、テーブルの近くにいた男性2人が従業員を撮影していることに気付きました。

2人組の正体はユーチューバーのMr. Beastでした。従業員がお金を手にする時の様子を撮影していたのです。

その後、Jimmyの名でも知られるMr. Beastは従業員と面会して、自身のユーチューブチャンネルと今回の企画「従業員の幸福な1日」の撮影について説明しました。

従業員は「お金を受け取れることに感謝します」「この店の従業員のほとんどがお金のない大学生なので、すごく助かります。皆で山分けします」と話しています。


個人的には、人に悪戯を仕掛けて驚く様子を笑いものにするという手法は好きではないのですが、今回は仕掛けられた方も納得し、その上お金ももらえるので、良かったと言っても差し支えないかもしれません。それにしても、企画のためにポンと10万ドル出せるユーチューバー、すごいです。

ソース中にbroke college kidsとあります。brokeは動詞break「壊れる」の過去形としてよく知られていますが、形容詞として「お金が無い」や「破産した」という意味もあります。よってbroke college kidsは「お金のない大学生」ということです。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/10/22/YouTuber-orders-two-waters-leaves-10000-tip/1931540231672/

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。