2018年12月24日

先が欠けた「キスチョコ」に激怒する団体 conical

kiss_chocolate.jpg


料理愛好家の団体が、ハーシーズの「キスチョコ」の先が欠けていることに激怒しています。


米ペンシルベニア州ピッツバーグの料理愛好家団体が、先の掛けた「キスチョコ」の写真をフェイスブックに投稿しました。

「料理に使うため、「キスチョコ」の袋を開けたら全部先が欠けていました」と団体の一人が書き込むと、別の人物が、

「なんてことでしょう!!!先が欠けたチョコばかりだなんて!ハーシーズを許せない!」と応じました。

そしてもう一人の人物が「先が欠けた「キスチョコ」を出荷するなんて信じられない。工場に問題があるとしか思えない。電話して抗議しましょう!私はまだ買ってないけど、今週買ったら中身を見てみるわ!」と書き込みました。

この抗議に対し、ハーシーズはこう語っています。

「私たちはお客様を愛するのと同じくらい「キスチョコ」を愛しています。ハーシーズでは一日に7千万個の「キスチョコ」を生産しています。一つ一つが美しくて美味しいものにしたいと考えています」

「円すいの形が、何世代にもわたって「キスチョコ」が愛されてきた理由です。生産プロセスで発生する誤差を抑えるよう改善に努めます」

ハーシーズのツイッターでは、先の欠けたものも含めさまざまな色と形の「キスチョコ」の写真とともに、「暖かい心でさまざまな形をした私たちを楽しんでください」とメッセージを掲載しています。




料理団体の方々はケーキなどのお菓子に「キスチョコ」をのせるのでしょうね。味だけでなく見た目にもこだわって料理しているだと思います。キスチョコへの抗議は、「キスチョコ」を愛する心の裏返しなのでしょう。なんだか「キスチョコ」を食べたくなってきました。

「円すい形の」は英語で”conial”といいます。名詞にすると「円すい」”cone”となります。工事現場に置かれる「コーン」や、アイスクリームを乗せる「コーン」は、「トウモロコシ」の”corn”ではなく、「円すい」の”cone”が由来です。トリビアとして知っておきたいですね。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/12/21/Whats-the-point-of-Hershey-Kisses-missing-tips/7681545369166/


TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。