2019年01月02日

赤ちゃんレッサーパンダの脱出劇 loose

red-pandas.jpg


米国シアトルの動物園でレッサーパンダの赤ちゃんが脱走するという騒ぎが起きました。


飼育員は、夜8時半、一頭の赤ちゃんレッサーパンダがレッサーパンダの囲いの外で走り回っているのを発見しました。そしてすぐに、他の赤ちゃんレッサーパンダも囲いを脱出しているのに気付きました。

赤ちゃんアンレッサーパンダが囲いの中で木に登り、囲いからはみ出している木の枝まで進んだところで、木の枝が折れてしまったのが原因とみられています。

脱出した赤ちゃんレッサーパンダのうち一頭は、レッサーパンダの囲いに近づいて来たところを、食べ物でおびき寄せ、保護されました。

もう一頭は、レッサーパンダの囲いから離れた木に登っているのを発見されました。無理に木から降ろさず見守っていた所、夜11時40分に木から降りて来たことを保護されました。

2頭の赤ちゃんレッサーパンダに怪我などはないとのことです。



ケガもなく無事に保護されてよかったですね。動物園で囲いの外に木の枝が張り出しているのを見たことがあります。まさか細い枝の先端まで動物が登るとはおもっていなかったのでしょう。身の軽い赤ちゃんだからこそできた脱出劇かもしれません。

“loose”は動詞で「緩む」「解放する」、形容詞では「解放された」「緩んだ」という意味があります。ソース記事中では赤ちゃんレッサーパンダが脱走し自由にしている様子を表すのに、“on the loose”「(囚人や飼育動物など)が逃亡している」、run loose「自由に走り回る、というように使われています。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2018/12/28/Red-pandas-escape-zoo-enclosure-spend-hours-on-the-loose/1171546007884/?sl=8

TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。