2019年01月06日

ドーナツ・ロスの警察にドーナツを mourn the loss of~

donuts.jpg


ドーナツを失い悲しんでいた米国ケンタッキー州の警察の元に、クリスピー・クリーム・ドーナツから嬉しいお見舞いが届きました。


レキシントン市警にドーナツが大量に届けられたのは、同社のトラックが市内で炎上してしまった2日後の午後のことでした。

この火災によるケガ人はいませんでしたが、トラックに積んであったドーナツはダメになってしまったのです。火災の原因は分かっていません。

レキシントン警察は、火災にあったトラックと、ドーナツを失って悲しむ警官の姿を冗談交じりにソーシャルメディアに投稿しました。



この投稿がインターネット上で瞬く間に話題となり、事態を知ったクリスピー・クリーム・ドーナツはお見舞いを届けることにしました。

同社の最高マーケティング責任者は「ドーナツを失って悲しみに暮れる警察を慰めたかった」と話しています。



ユーモア溢れる警察の投稿とクリスピー・クリーム・ドーナツの行動ですね。トラックと積荷のドーナツはダメになってしまいましたが、このような行動を取ることで企業の好感度は高まり、宣伝にもなったのではないかと思います。警察の方々はドーナツを食べられて良かったですね。

mournには「嘆く」や「追悼する」、lossには「喪失」や「死」などの意味があります。ソース中にあるmourning the loss of~は「〜の喪失を嘆く」つまり「〜の死を悼む」「〜の冥福を祈る」などの意味になります。lossをdeathやpassingに置き換えてmourn the death of~やmourn the passing of~としても同様の意味になります。

ソース:https://www.yahoo.com/news/krispy-kreme-delivers-doughnuts-officers-over-pastry-loss-114529822.html


TOEIC400からスタートし、TOEIC935、英検1級、MBA、を取得した私の英語遍歴を、連載形式で公開しています。
英語留学格闘記

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。