2019年01月27日

飼い主逮捕で空腹のネズミを救出 gerbil

mouse-gerbil.jpg


イギリスで、飼い主が逮捕されたため、お腹を空かせていたネズミを警察が救出しました。


マンチェスターから約100q南西に位置するダービーで、1匹のネズミが家主不在の部屋に1週間ほど取り残されていました。

逮捕されている飼い主に動物保護団体がネズミ救出の許可を求めましたが、飼い主は例えネズミを助けるためであっても、団体が自宅に立ち入ることを認めませんでした。

そこで、団体は警察に助けを求め、警察が「強制的に」飼い主の自宅へ入ることになったのです。

部屋に入った警察が見つけた時、ネズミは「有り難いことに生きていたが、非常にお腹を空かせていた」そうです。

救助されたネズミは獣医に連れて行かれました。今後は保護団体が面倒を見る予定です。

警察は「我々は悪人を逮捕するだけではなく、時には思いやりを持って柔軟に対応します」とコメントしています。


動物保護団体は、よく逮捕者の自宅にペットが取り残されていることが分かりましたね。飼い主は、可愛がっていたであろうペットの安全よりも、保護団体に自宅に立ち入られないことを望んだのでしょうか。飼い主が何の罪で逮捕されたのか分かりませんが、飼っていたペットの命にはきちんと責任を持たなくてはなりませんね。ともあれ、ペットが無事で良かったです。

今回救出されたネズミはgerbilです。gerbilを知らなかったので調べてみたところ、「アレチネズミ」「アレチネズミ亜科に属するネズミの総称」ということです。gerbilの発音は米国英語だと【dʒə́ːrbəl】、英国英語だと【dʒəːbil】となり、これらの発音に近いカタカナ「ジャービル」もペット業界などではgerbilを指す言葉として使われているようです。完全に蛇足ですが、私が子供の頃に「動物のお医者さん」という漫画で知ったスナネズミもgebilに含まれるということを知りました。

ソース:https://www.foxnews.com/world/british-police-rescue-hungry-gerbil-after-owner-is-jailed


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。