2019年01月28日

使用済みティッシュを8千円で販売 sneeze

sneeze.jpg


米ロサンゼルスのスタートアップ企業が、使用済みのティッシュを80ドル(約8千円)で販売しました。


この企業はこう主張しています。

「他人のくしゃみが着いたティッシュは注射や薬よりも安全です。ティッシュについたウィルスに接することで、注射や薬のかわりになるのです」

「スケジュールの都合の良い時に、このティッシュを使ってわざと風邪にうつって、免疫を得ることが出来ます」

この主張にたいし、免疫関係に詳しい教授は次のように疑問を持っています。

「風邪のウィルスは200以上あります。わざと1回風邪をもらっても、その後別のウィルスに感染する可能性があります。」

「そもそも、会社から顧客の家に届けられるまでに、ウィルスは死んでしまうでしょう」

「80ドルを浪費することはありません。これはただのジョークでしょう」



教授が指摘する通り、これはただのジョークなのでしょうか。それともおおまじめなのでしょうか。8千円を払わなくても、知人から使ったティッシュをもらえば済む話のような気もします。なお、企業のウェブサイトでは、使用済みティッシュは”Sold out”(売り切れ)となっているようです。

「くしゃみ」「くしゃみをする」は英語で”sneeze”といいます。鼻に関連する単語には”sniff”(鼻をすする)、”snore”(いびきをかく)、”sniff”(においをかぐ)など、”sn”が含まれる単語が多くあります。覚えておくと便利です。

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。