2019年01月30日

5歳児がバスに7時間閉じ込められる make it seem like

school bus.jpg


米国デラウェア州に住む5歳の少年は「もうスクールバスに乗りたくない」と言っています。


少年は学校へ向かうスクールバスの中で居眠りをしていました。

バスが学校に到着して停車しても、少年は目を覚ましませんでした。他の生徒が降車する際、運転手の女性に対して車内にまだ少年が残っていることを知らせていますが、運転手はそれを無視しました。その様子が防犯カメラの映像に捉えられています。

少年を除く生徒を降ろしたバスはそのまま駐車場へと移動し、運転手も降りてしまいました。

程なくして目を覚ました時、少年は「怖かった」と少し泣いてしまったそうです。

数時間後、午後の運行のためにバスに戻って来た運転手は、少年の咳を聞き、その存在にようやく気が付いたということです。

少年の両親は、少年がバスに取り残された事実を後になって知りました。

少年をバス停に送って行き、スクールバスに乗せた母親は、学校から「少年が欠席している」という連絡を受けて混乱しました。

また、バスに取り残されている間、少年は何も食べていなかったそうです。州の規則で、バスの車内では物を食べてはいけないことになっています。

運転手には20年のキャリアがありますが、もう学区内での運転はしないだろうということです。



僅か5歳の少年が7時間もの間1人で取り残されて、とても怖かったことだと思います。凍えてしまうような寒さや、逆に熱中症になってしまうような暑さではなくて本当に良かったです。また、閉じ込められたのが夜じゃなかったのも幸いしました。それにしても、わざわざ他の生徒が知らせてくれているのに、なぜ運転手は無視してしまったのでしょうか。少年が無事だったからよかったものの、一歩間違えば大変なことになるところでした。

make it seem like~は「〜のように見せかける」という意味で、本来はそうでないものを意図的にそのように見せるというニュアンスがあります。seemをlookに置き換えてmake it look like~としても同様の意味になります。米国出身のシンガーソングライターとして活躍したエリオット・スミスの曲にも”you make it seem like nothing”というタイトルのものがありますね。

ソース:https://abc11.com/education/5-year-old-left-on-school-bus-for-7-hours-in-delaware/5104469/

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。