2019年02月05日

極寒でしか見られない気象現象あらわる sundog

sundog.jpg


氷点下の米ミシガン州で、「幻日」という珍しい気象現象があらわれました。


「幻日」とは、太陽の両わきに2つの太陽があるかのように見える現象です。

空気中の水分が氷点下で氷となり、太陽の光が氷に反射したときに幻日は発生します。ミシガン州では、さまざまな場所から幻日が観測されました。

2日連続で気温がマイナス10度以下にならなければ幻日は発生しません。




これは不思議な現象ですね。とても美しい光景です。しかし、気温マイナス10度が二日連続で続かないとみられないとは大変です。実際に現地で見るのはとても寒そうです。

「幻日」の英語ですが、気象学での正式名称は” parhelion“といいますが、一般的にはsundog”といいます。なぜこの気象現象を「太陽の犬」と呼ぶようになったのか、正確には分かってませんが、北欧神話に登場する、太陽を両脇から襲う二頭の犬という説が有力です。
ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/01/31/Cold-weather-leads-to-sun-dog-illusions-in-Michigan-sky/5811548963237/


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。