2019年02月11日

2ドルで買った野球カードの驚愕の価値 turn out to be

backyard-baseball-766531_960_720.jpg


米カリフォルニア州の男性が2ドル(約200円)で購入したベーブ・ルースの野球カードが、なんと数百万ドル(数億円)の価値があることがわかりました。


この男性はコレクター用の店で、8ドル(約800円)の値札がついているこのカードを見つけました。その日はセールの日だったため、2ドルで買うことができました。

このカードは知られているだけでも2枚しか現存していない、非常に珍しいカードの本物かもしれないことに、店主は気付いていないようでした

「私は店主に『なぜたったの8ドルなんだい?』と聞きました。店主は『このカードは雑誌に載ってないから、たぶん偽物だよ』と言ったのです」と購入した男性は語っています。

カードを購入した男性はインターネットで調べ、1921年に印刷された非常に珍しいカードかもしれないことを発見しました。

男性が鑑定を依頼した専門家は、カードが本物であると判定したのです。

男性は、このカードを欲しい人には喜んで売ると言っています。しかし、2億円以下で売るつもりはないとのことです。



珍しいカードとはいえ、2億円もの価値があるとは驚きです。コレクターの世界は奥が深いですね。果たして2億円以上での買い手はいるのでしょうか。興味は尽きません。

“turn out to be 〜”は「結局は〜であることが判明する」という意味です。ソース記事では” turn out to be worth millions”(数億円の価値があることが判明する)というように使われています。”turn out to be a happy end”(ハッピーエンドに終わる)”というように、最終的にどうなったかを表現する時に便利な言葉です。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/02/07/Babe-Ruth-card-bought-for-2-could-be-worth-millions/9291549566306/?sl=13


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。