2019年03月17日

スマホに命を救われた男性 pierce

mobile-phone.jpg


オーストラリアで、弓矢を持った男と対峙した男性がスマートフォンに命を救われました。


43歳の男性は、ブリスベンの南方約150qに位置するニンビンに住んでいます。ある日男性が帰宅すると、知人の男が自宅前で待ち構えていました。

男は弓と矢で武装していました。

警察によると、男性は、今にも弓を引こうとしている男の姿を撮影しようと、スマートフォンを取り出したそうです。

男は本当に弓を引き、その矢は男性のスマートフォンを貫きました。スマートフォンが男性の顎に当たり、男性は小さなケガをしましたが、病院に行く必要はない程度のものだったということです。

男は逮捕され、罪に問われています。


小さなケガで済んで良かったですね。いくら証拠になるとは言え、武器を構えてこちらを狙っている相手の真正面から撮影しようとするのは、相手を挑発することにもなり、無謀だと思います。今回はスマホのお陰で助かったとも言えますが、スマホがなければ撮影しようとしなかったと思われるので、スマホがあったからこそ危険を招いたと言えるかもしれません。最も、男性が帰宅時にカメラなどのスマホ以外の撮影機材を持っていたとすれば話は別ですが。

pierceは「突き通す」「穴を開ける」という意味の動詞です。日本語で「ピアス」と言えば、耳に穴を開けて身につけるタイプのイヤリングを指しますが、英語のpierceにその意味はありません。「ピアス」のことも含めてearring「イヤリング」と言います。耳に穴を開けないタイプのイヤリングと区別したい時はpierced earringという言い方もあります。

ソース:https://www.yahoo.com/news/hit-arrow-mobile-phone-dies-saving-australian-man-062510848.html


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。