2019年03月27日

グッチ、汚れたスニーカーを9万円で販売 faux

sneakers-140897_1280.jpg


高級ブランドのグッチが、最初から汚れたように見えるスニーカーを870ドル(約9万5千円)で発売し、話題になっています。


グッチのウェブサイトで買うことができるこのスニーカーは、1970年代のバスケットシューズの雰囲気で、人工の泥を使って汚れたように加工されています。

購入者には、人工の泥を落とさないようにシューズを洗う方法を指導するとのことです。

以前には、ノードストロームがテープで修理したように見える靴を530ドル(約5万8千円)で販売しました。この靴は「貧しい人が仕方なくテープで補強した靴を履いているのに、金持ちの娯楽のためのデザインに使うのは不適切」と批判を受けました。



果たしてこのスニーカーを買う人はいるのでしょうか。ファッションの世界も行きつくところまで行きついた感じですね。普通のスニーカーを買って普通に使って汚れるほうを選ぶ人が大半かもしれませんね。

「人工の泥」をソース記事では”faux-dirt”と表現しています。”faux”は「人造の」「偽造の」という意味です。”faux leather”(人工皮革)、”faux fur”(人工毛皮)というように使われます。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/03/21/Gucci-selling-870-sneakers-designed-to-look-dirty/6981553184414/

レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。