2019年03月28日

映画を観続けて11万円もらえる仕事 binge

iron-man-1049412_1280.jpg


Cable TV.comが、1000ドル(約11万円)の「夢のような仕事」を引き受ける人を募集しています。


仕事内容は、20本のマーベル・シネマティック・ユニバースの映画すべてを連続して観るというものです。

視聴する映画は、2008年公開の「アイアンマン」から始まり、2018年公開の「アントマン&ワスプ 」まで20本です。視聴しながらCable TV.comのタグを付けたツイートをし続けることが条件です。

この仕事を得た人は、映画のブルーレイ・ディスクを全てもらえるほか、1000ドル(約11万円)とマーベル関連の商品を受け取れます。

この仕事に興味がある人はCableTV.comのウェブサイトから応募できます


20本の映画ですから、映画1本2時間として40時間も映画を観続けることになります。おおよそ時給2,750円の仕事です。マーベルの映画が好きでたまらない人にとっては、大好きな映画を観てお金をもらえるのですから、まさに夢のような仕事ですね。

ソース記事では、「映画を観続ける人」を”binge watcher”と表しています。”binge”は「度を超えて大騒ぎする」というニュアンスの言葉で、単独で使われるよりも、別の単語と組み合わせて、”binge eater”(大食漢)、”binge drinker”(大酒飲み)というように使われます。

ソース:https://www.upi.com/Odd_News/2019/03/22/Website-offers-1000-to-binge-20-Marvel-movies/1791553264472/


レベル別英語学習法を紹介しています。
TOEIC700未満の人の学習法
TOEIC700〜800点の人の学習法
TOEIC800〜900点の人の学習法
TOEIC900点以上の人の学習法


英語ランキング


posted by Tabbycat at 18:00 | Comment(0) | 社会・経済を知る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。